高学歴の転職情報や、仕事の気づきを共有

【寝不足でもOK】カフェインを撮らずに、朝の目覚めをよくするポイントを3つ解説します

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

この記事では、朝の眠気を吹き飛ばす3つの方法について解説します。

カフェインは、この記事では紹介しません。

実は、寝不足だったり慢性的な疲労にカフェインはあまり効きません。

カフェインは、朝起きてから90分くらい立ってないと効果がないんです。

また、カフェイン慣れという減少があり、カフェインを意図的に立つ週などがないと、

カフェインに慣れてしまいあまり効果が感じられなくなってしまうという研究があります。

では、カフェインに頼らず毎朝スッキリ起きる方法を、紹介していきます。


スポンサーリンク




水を飲む

一番シンプルな方法。それは水を飲むことです。

人間は外部からの刺激でも起きますが、内部からの刺激でも目覚めます。

朝ごはんは抜いても問題はありませんが、内臓に刺激を与えないと人間の体は起きてきません。

体内時計をリセットする方法を取り入れることで、朝の眠気をふっとばすことができます。

水を飲むことで、内臓を刺激して目覚めることができます。

朝目覚めを良くするためにいい方法は、朝に一リットルほど水を飲むこと。

また、人間は少しでも水分量が不足すると、集中力が圧倒的に下がってしまうという研究もあります。

なので、朝に水を何回かにわけ、必要であれば水を一本もって飲みながら出勤しましょう。


スポンサーリンク




光を浴びる

人間は外部の刺激から起きますが、実は音に反応はしません。

人間は音を受けたときに、攻撃されたと体は錯覚してしまいます。

攻撃によって目覚めるときは、逃げるために最低限の機能だけしか機能しません。

オススメは出勤時に光をあびたり、そもそもカーテン全開で寝ることで光を浴びて起きること。

職場に行くときに陽の光の当たるルートを歩くだけでも大丈夫。

ゆっくり光で起きるのがオススメです。

起きたい時間の20分前くらいから光に当たりましょう。

階段を昇降する

平均の睡眠が6時間未満の人を対象に、

カフェインを50mg(缶コーヒー1こくらい)と10分間階段を登り降りした場合を比較して、どっちが脳が動いたかを調べたところ

カフェインは寝不足の疲れにほぼ効果がないことがわかりました。

階段はわずか10分で寝不足の疲れを打破して寝不足の疲れがすっかり消えて、エネルギッシュに動けます。

一旦体を動かすのが寝不足の疲れにいいです。

階段の上り下りはゆっくりでも大丈夫。

自分の家のマンションの階段を上り下りするか、それに親しい運動をする。

寝不足には運動が特にオススメ。

本当に寝不足がやばいときは

昼休みは15分の昼寝がオススメ。

15分の昼寝は夜3時間寝るのと同じくらい脳の機能が回復するのでは?という研究があるくらい、昼寝は寝不足に効果的

目をつぶるだけで大丈夫です


スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 学歴転職 , 2020 All Rights Reserved.