高学歴の転職情報や、仕事の気づきを共有

第二新卒の転職はやめとけ?転職して後悔する人の特徴と理由を解説します

WRITER
 
やめとけ
この記事を書いている人 - WRITER -

第二新卒の転職は「やめとけ」という風潮が強くあります。

でも、この風潮って勿論正しい部分もありますが、ちょっと古いというか、今の時代に則しているのかと言えば微妙です。

 

こういった風潮を鵜呑みにしてしまい、「転職はやめておこう」という意思決定をしてしまうと、キャリアアップのチャンスを逃してしまうこともあります。

第二新卒で転職して、より成長機会の多い企業に転職成功している方も多く居ます。

この記事では、第二新卒で転職はやめたほうが良い人の特徴と理由について解説し、第二新卒で転職に成功する人の特徴についても解説していきます。

 

第二新卒とは何か?

まずは定義を明確にするために、第二新卒とはなにか?というのを予め明確にしたいと思います。

一般的な定義としては、「学校を卒業して3年以内の人」です。

高卒、大卒関わらずになります。

「新卒」や「既卒」との違いは、正社員として働いたかどうかにあります。

第二新卒は一度企業で正社員として働いた経験が有ることが絶対条件です。

 

第二新卒で転職はやめとけと言われる理由

 

第二新卒の定義を定めたところで、いよいよ第二新卒の転職を「やめとけ」という風潮がある理由に移ります。

一番大きな理由は「難易度が高いこと」です。

というのも、転職をする際に面接官はその人が長く活躍してもらえるか というのを重視して見ています

第二新卒は、面接官に「この人はこの会社に入ってもすぐに辞めてしまわないか?」というのを特に見られていると意識したほうがいいでしょう。

とはいっても、第二新卒の転職もしっかりと対策をすれば成功させることは可能です。

まずは、第二新卒の転職失敗例をご紹介し、こうした失敗を防ぐためにはどのような対策を練れば良いのか?解説していきます。

 

第二新卒での転職失敗例

やめとけ

第二新卒の転職失敗事例①衝動的に転職する

職場での人間関係でトラブルがあった」「休日出勤、残業が多過ぎる」

などといった理由で現職の企業に不満を持ち転職を検討する第二新卒は多いと思います。

もちろん、上記も立派な転職理由です。

衝動的に転職してしまい、転職したはいいものの転職先にも同様の不満をもち、むしろ転職しなければよかった・・

と後悔してしまうのが最悪のパターン。

入社した会社には、志望動機や魅力に感じた点が大なり小なりあって就職したはず。

第二新卒の方は、衝動的に決めず、最低1ヶ月、自分で考えたり家族や友人など信頼できる人にも相談した上で転職を決断しましょう。

第二新卒の転職失敗事例②新卒就活と同じように転職活動を考えている

 

新卒入社での転職活動は「とにかく説明会に参加する」「20-30社エントリーする」といったとにかくアクション量を増やすやり方を行っている方が多いと思います。

これを、転職時も行ってしまうのは危険。

「転職活動疲れ」で自分にマッチしていない企業だとしても内定をもらったら妥協して決めて後悔することも。

第二新卒の転職活動の鍵は、「会社の社風や環境と自分のマッチ度」を再重視し、ミスマッチがないよう意識しましょう。

 

第二新卒の転職失敗事例③転職先を決める前に退職してしまった

 

「一刻も早く現状から脱却したい」と焦りすぎて、転職先が決まる前に退職してしまうと、収入が途絶えるので生活が厳しくなります。

貯金が十分にあればいいのですが、入社3年に以内だとそうはいかないケースも多いでしょう。

転職活動に時間がかかり、貯金がなくなり生活が厳しい・・となると、じっくり自分にあった会社を探す余裕がなくなってしまいます。

しっかりと自分にあった企業を探し、転職活動を成功させるためにも、転職先が決まるまでは退職しないことをオススメします。

 

第二新卒の転職失敗事例③退職する理由を、周りの人や会社のせいにしている

 

会社をやめたいと思う理由は様々ですが、退職理由を全て周りの人や会社のせいにしてしまうと、転職先でも同じような不満を抱いてしまい前に進めません。

入社時には、自分の判断でその会社に入ったという事実に一度立ち返って、なぜ転職したいと思ったのか?次こうならないためには自分はどうするべきか?というのをしっかり考えましょう。

実践的な転職理由の書き方、伝え方【回答例も交えて超具体的に解説します】

 

第二新卒で転職しない=リスクはあります

 

第二新卒は転職やめておけ! 新卒入社した会社で長く働き続けるべき、

という風潮に従い、転職を検討すらせずに思考停止で働き続けるということがノーリスクだと思われがちです。

 

実は真逆で、第二新卒でも転職しないことにはリスクがあります。

 

社会人経験が長いと転職難易度が上がる

 

20代後半にもなると、ある程度スキルを求められるようになり実力があるか、というのが選考基準になります。

 

第二新卒では、経験や実力の差がまだまだ少なく、ポテンシャルがあるか、やる気があるかというのが選考基準のウェイトの大部分を占めます。

 

長く働き続けた結果、特にスキルを習得できず30代間近で辞めたくなった..

このケースが最悪で、転職する企業の選択肢がかえって狭まってしまうことも。

 

その会社での将来性がないと判断したならば、第二新卒でも早めに転職したほうが長期的にみてローリスクだったりします。

 

第二新卒で転職成功する人の特徴

 

イケてるビジネスマン

 

前職でしっかり成果を残している

 

職務経験は少なくても、「仕事で成果を残した経験がある人」は再現性が高く、次の職場に行っても活躍する割合が高いです。

そのため、「前職で活躍した経験」がある人は面接官に好意的に受け取られます

また、転職先でも活躍し、すんなりと役職が上がっていきます。

「今いる職場で成果を残した人」は第二新卒でも、転職が成功しやすいです。

 

「こうなりたい」というキャリアイメージが明確にある

 

・30歳には起業したい

・ワークライフバランスの保てる会社で働いて、20代後半には家庭を持ちたい

などといった、明確な将来のビジョン・目標が有るとそれを達成するためにどういった環境の会社で働くべきか?というのが定まり、希望にあった会社に転職を成功させることが出来ます。

また、具体的なキャリアイメージがあるということは、必然的に自己分析がしっかり出来ているということでもあります。

自己分析の精度が高い、という意味でも転職に成功しやすいです。

 

決断力があり、フットワークが軽い

フットワーク軽い人

 

行動力がなければ、転職は成功しません。

たとえ、希望する企業の面接で選考に落ちてしまったとしても、それでショックを受けてしまいアクションがなくなってしまうのでは、いつまでたっても前進させることが出来ないです。

転職活動には、一定の慣れが必要です。

いきなり、転職活動を成功させることはできません。

自己分析をしっかり行い、企業研究を重ね面接もある程度数をこなすことでやっと慣れてきます。

また、転職活動にはフットワークの軽さも大事。

有益な情報を得るために、積極的に採用担当者にコンタクトを取ったり、実際に社員と会う約束を組んだりと、フットワーク軽く情報を収集することで、自分にあった会社を探すことが出来ます。

 

個人的な意見:第二新卒でも「やってみよう」

 

私は、第二新卒で転職することは、まったくやめたほうが良いとは思っていません。
むしろ、転職活動は積極的に行うことで、自分の将来のキャリアプランを見直すことが出来るので良いと考えています。

 

転職活動したからといって、転職しない選択肢もある

 

転職活動=転職ではありません。

転職活動をした結果、納得いく職場が見つからなかったり、やっぱり転職しないで今の職場で頑張ろうという結論になることもあります。

 

また、転職活動する分にはタダです笑

 

転職活動に必要な、転職サイトに登録したり転職エージェントに相談したりというのは、基本全て無料で活用することが出来ますので、金銭的負担がかかりません。

 

入社して3年以内で転職するなんて辞めておけ!という風潮のせいで、転職活動をすることを選択肢にも入れずにチャンスを逃し続ける数年を過ごしている若手を多く見かけます。

 

やる気の出ない職場で働き続けて、時間を浪費することのほうがリスクです。

転職活動をした結果、やっぱり現職が自分にあっているな、と気がつくこともあります。

 

今いる職場に疑問を感じたら、しっかりと自己分析の上まずは転職活動をチャレンジしてみることで、思いがけず自分にあった企業に出会えることもありますよ。

 

自分のキャリア観を客観的に見つめ直せる。

転職を検討することで、自分と向き合いキャリア観を醸成することが出来ます。

自己分析をしっかり行うことで、日々の業務にも確信をもって取り組むことが出来ます。

 

第二新卒の年代の若手にとって、長い人生納得のいくキャリアを形成するためにも、深い自己理解は必要不可欠です。

 

転職活動を通じて、キャリア観を強固なものにすることが出来ます。

 

 

第二新卒向けの転職エージェントの活用がオススメ

 

より納得感の高い、レベルの高い転職活動をするために。

 

納得のいく転職活動をするために、相談相手に壁打ちをすることは必要です。

前述の通り、第二新卒の転職活動は難易度が高く、転職活動のプロであるエージェントと相談しながら対策を練っていくことがオススメ。

 

まずは無料で受けられる、大手の転職エージェントを登録しキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

キャリアアドバイザーと会話することで、客観的な意見も取り入れより強固なキャリアデザイン、自己分析を行うことが出来ます。

 

マイナビジョブ20’s
『マイナビジョブ20’s(トゥエンティーズ)』は、20代に特化した20代・第二新卒・既卒向け転職エージェント です。 20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーが、一人一人の求職者を担当し、入社までをサポートしてくれるので、第二新卒の方の相談相手として特にオススメ。

充実したサポート体制を無料で受けることが可能です。

【パソナキャリア】
大手総合型転職エージェントのパソナキャリアの無料転職サポートを受けられます。

特徴はなんといっても、大手の安心感。

そして、キャリアアドバイザーの方がとても親身に相談にのってくれました。

平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談可能。

 

まとめ

 

「第二新卒で転職はやめておけ」なんて風潮に惑わされてはダメ!

第二新卒で転職しちゃダメ、なんて誰が決めたのですか?

自分の人生の使い方は、自分自信で決めるもの。

実際に私も、年間売上4兆円超えの大企業から1年でベンチャー企業に転職した一人。

周囲から「石の上にも三年」「せっかく大企業にはいったんだから、辞めずに続けなさい」など耳にタコが出来るほど聞かされました笑

【体験談はこちらで書いています】

ベンチャー転職して一年間。実際に感じたことや体験談をぶっちゃけます

でも、転職して本当によかったなと実感しています。

 

「転職したい」と思ったら、自己分析をしっかりした上で、転職活動にチャレンジしましょう。

 



この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 学歴転職 , 2021 All Rights Reserved.