高学歴の転職情報や、仕事の気づきを共有

成功者の多くが実践する早起きー朝早く起きて実践するべきこと

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

家を出るギリギリまでアラームを設定して、飛び起きて家を出かける…

 

こんな日常を過ごしていたりしませんか?

 

このような日常を過ごしていると、最も生産的な朝の時間を無駄にしてしまうどころか、エネルギーを消費してしまいます。

 

アメリカの起業家で「成功者」と呼ばれる多くの人は、早起きを実践しています。

 

この記事では、アメリカの起業家が早起きして、実践している日々のルーティンを紹介していきます

 

スポンサーリンク



TwitterとSquareの創業者 ジャック・ドーシー

 

ジャック・ドーシーは毎朝5時半に起床しています。

 

そして、必ず瞑想し、10km走ることを日課にしています。

 

スターバックスCEO ハワード・ショルツ

 

ハワード・ショルツは毎朝4時半に起きて、奥さんにコーヒーをいれてあげています。

そして6時には会社に出社しているのです

 

Apple CEO ティム・クック

 

ティム・クックは毎朝四時半に起きて、部下にEメールで司令を送っています。

Virgin group創始者 リチャード・ブランソン

 

「人生は刺激的すぎる。休暇中でも5時45分に目が冷めてしまうよ」

リチャード・ブランソンは自身が持っている島の周りを泳いだり、カイトサーフィンをしているそう。

そして、それが終わったらテニスをするという、朝を過ごしているそうです。

「カーテンを閉めずに寝るようにしている。そうすれば太陽の光とともに5時45分に目覚めることが出来る」

 

Facebook創始者 マーク・ザッカーバーグ

 

マーク・ザッカーバーグは8時に起きて、毎日同じTシャツを着ているそう。

そうすることによって、服を選ぶ無駄な時間をなくし朝の時間を有効活用しているようです。

 

トリーバーチ社長 トリー・バーチ

 

毎朝5時45分に起きて、すぐにメールをチェック。

お子さんを起こしてウォーキングなどの軽い運動を行っています。

 

Dragon’s Den 投資者 ピーター・ジョーンズ

 

起きて20分の間にシャワーをあび、ひげそり、シリアルを食べるという3つを済ませ、そのあとにカプチーノを飲んでいるそう。

まとめ:早起きは成功の秘訣

多くの成功者が実践しているように、早起きをすることは成功する上での一番の近道です。

http://myfavoritemoments.com/hayaoki-merit

 

この記事で紹介した、成功者の朝のルーティンを真似て、あなたも朝活を始めてはいかがでしょうか

スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 学歴転職 , 2021 All Rights Reserved.