東京のサウナ紹介!最強候補「池袋かるまる」を徹底レビュー!

2019年12月に爆誕した池袋のサウナ「かるまる」。

唯一無二の薪サウナを含む4つのサウナと4つの水風呂を楽しめるサウナということで、全国のサウナーの皆さんの注目を集めました。

私もオープン直後に行ってみたのですが、エレベーターまで長蛇の列…。

さすがに並ぶほどのモチベーションがなく、同じく池袋のタイムズスパレスタに流れることを2回ほどくり返しました。

【サ道】東京のサウナ紹介①都内三冠王サウナ、タイムズスパ・レスタ

そして先日、満を辞してかるまるに行ってきたので、レビューします。

かるまるのいいところ

•サウナと水風呂が4つあるので飽きない

•浴室内にもフレーバーウォーターがある

•椅子の数が多い

かるまるのここが残念

•ちょうどいい温度の水風呂がサウナから遠い

•混んでいる

スポンサーリンク



薪サウナは会員限定の予約制

まず、お目あての薪サウナは2/15までやっておらず、自分が行ったのが2/14だったので入れなかった。

かるまるのHPによると「当面の間は会員限定&完全予約制」とのこと。

2月末まで、会員は年会費が無料。

せっかくなので後日予約してどんなものか体感してみようと思う。

広くキレイな岩サウナはとても良い

温度は役80°C。25名ほど入れる広めのサウナ。一定時間でオートロウリュが行われます。

木も新しく、とても綺麗でいいかんじ

使われている岩は、日本三大花崗岩と知られる「庵治石」というものを使っているらしく、世界最高級の銘石らしいです。

正直石の良し悪しは分かりませんが、気持ちよく汗をかける良サウナでした。

瞑想が楽しめるオートロウリュのケロサウナ

定員9名ほどの小さめのサウナ。このサウナではセルフロウリュが楽しめます。

「ケロ」とは、樹齢200年以上の欧州赤松が立ち枯れた大変稀少な木材で、断熱性に富み、美しい光沢を持つことから「木の宝石」と呼ばれ、芳醇な香りも魅力です。とのこと。

セルフロウリュに使用するのが水ではなく、アロマ水のため、とってもいい香りがしてこのサウナも◎。

天井が低いので上段だとセルフロウリュ後かなり体感温度が上がる

めっちゃドバドバ汗をかけるのでここもいいね。

無音で瞑想にも適しているので、マルシンスパと同じくらいいいかも。


スポンサーリンク




シングル温度の強烈な水風呂「サンダートルネード」

さて、かるまるといえば日本唯一(おそらく)のシングル(10度未満)の超冷たい水風呂が楽しめる。その名も「サンダートルネード」

「サンダートルネード」って水風呂につけるネーミングか?とも思うが、約8°cの冷水がジェット水流でぐるぐる動いている様は圧巻。

そして実際に入ってみると…

稲妻が落ちるような衝撃。

なるほど、これは「サンダートルネード」だ。

冷たすぎて正直気持ちいいのかは分からないが、サウナの本場フィンランドではサウナ後に氷点下の川に飛び込んでいると考えればこれが本場の水風呂なのかもしれない。

ちなみに竜巻のごとくジェット水流が回っているので、「天使の羽衣」は出来ない。

ゆっくり休める水風呂「やすらぎ」

約25°Cでぬるいため、水風呂初心者でも入りやすい水風呂です。

サンダートルネードの後に入ると、体がリラックスしていいかんじ。サンダートルネードに一瞬入って、やすらぎとセットで入るのがかるまるの楽しみ方なのかも。

温度以上に冷たく感じる水風呂「アクリルアヴァンド」

2Fに上がって露天スペースにある1名キャパの筒型の水風呂「アクリルアヴァンド」。温度は14°Cほど。

一人キャパの水風呂なので、氷の穴に入るような感覚。

結構冷たく感じるけど、サンダートルネードほどではない。

温度的に1番ちょうどいい水風呂なんだけど、2Fに上がる必要があるので1Fにある岩サウナやケロサウナ後に上がるのがちょい動線的に微妙なところ。

ととのいスペースは数が多い

とても混んではいるが、浴室内には無数の椅子が置いてある。

リクライニングチェアもあるので、かなり整える環境はあります。

まとめ

4つのサウナと水風呂が楽しめる「かるまる」

全体的に、レベルはとても高い。

1つ残念なところを上げるとするなら、14-17°Cくらいのオーソドックスな温度の水風呂が2Fの奥の露天スペースまで行かないといけないということくらい。

スペックが高い分、良さを引き出すには何回か通っていかないといけなさそうだ。

引き続きかるまるに通い、おすすめのローテーションを探っていきます。

サウナで最も「整う」入り方とは!?【サ道のすゝめ】

サウナ

Posted by 自由人