macbookproを6年間毎日使ってみたレビュー!頑丈で長期使用できる愛機

2019年6月27日

私は高校2年のころに、 macbookproretina 2012rateを購入して以来、 年間毎日ぶっ続けでmacbookproを使い続けています。

7年間使ってみて、macbookproはガツガツ動画編集とかしない、ライトユースであれば長い期間使い続けることができる、頑丈なノートPCだと感じました。

7年間、かなり雑に使ってきましたが故障もなく今も正常に動いています。パソコンが入ったバッグをガンガン角にぶつけたりしたので、見た目はぼこぼこです。

これからMacの購入を検討している

はじめてのPCで何を選べばいいかわからない

Macは長期間使用できるのか、不安である

上記の方々向けに、macbookproを7年間使ってみた長期使用レビューを詳しく書いていきます。

スポンサーリンク



 

私のmacbookproのスペック

私のmacbookproのスペックが以下になります。 当時の価格では確か14万円くらいだったと思います。

Retinaディスプレイに対応した初期のころのmacbookproでした。

後述しますがretinaモデルにしたのは大正解で、それが長くストレスなく使えている理由の一つでもあります。

 

macbookproは長く使い続けることができます

私の現在のmacbookproの使用用途は以下です。

lightroomでの簡単な写真編集

wordpressでのブログ投稿

PCゲーム(Dota Autochessというオンラインゲームをやっています)

社内システムなど仕事

ネットサーフィン

 

7年間毎日使っていますが、スペックが足りないということも一切なく、非常にサクサク快適に使えています。おそらくいま一番負荷のかかる作業はPCオンラインゲームの起動です。私の遊んでいるDota Autochessはそこそこのスペックがないと、起動しなかったりするゲームですが、問題なく遊べています(ファンはすごい音で起動しますが)

 

古いmacbookproだと動画編集は厳しい

ただし、動画編集をやりたい、という方であれば3年くらいのスパンで買い替えたほうがいいかもしれません。 なぜなら古いmacbookproだと高画質の編集が露骨に重くなってしまうからです。 私はGoproでよく4Kの動画を撮影しますが、このmacbookproだと4Kの動画が編集できません。これは明確な古いmacbookproで出来なくなったことだと思います。

 

長く使いたいなら必ずretinaモデルを選ぶべき

少し前のmacbookproや、macbookairだとretinaディスプレイモデルでないmacbookがあるかと思いますが、長く使い続けたいのであれば必ずretinaのモデルを選ぶべきだと私は考えます。 普段iphoneやipadを使われている方であれば、retinaディスプレイに目が慣れているのでretina以外は露骨に文字や画像が粗く見えるからです。 少しづつストレスが溜まってretinaモデルに買い替えようとなることは明白なので、macbookを長い間使いたい方は必ずretinaモデルを買ったほうがいいと思います。

スポンサーリンク



 

まとめ

macbookproは長い間使える頑丈で素晴らしいPCです。特にスペックをいじることなく、ライトユースであればそれこそ10年単位で使えると思います。ただ、長く使えるからこそ、ストレージは余裕をもった大きさにしたほうが公開はないかと思います。また色々なモデルがありますが必ずretinaモデルを選びましょう。

これまでずいぶん雑に扱ってしまいましたが、これからもmacbookproを大切に長く使っていこうと思います。

スポンサーリンク



Apple

Posted by 自由人