20代で仕事の基礎体力をつけるために意識するべきこと

2020年11月25日

20代で最も重要なことは、仕事の基礎体力をつけることです。

はっきりいって、フィジカル的には20代が全盛期です。

スポーツ選手もほとんどが、20代で身体的なピークを迎えますよね。

この期間で、ビジネスマンが最も重要なことは、とにかくたくさん仕事をして、仕事の基礎体力をつけることです。

ベンチャーに転職して半年して感じる10つのメリット

 

スポンサーリンク



どうやって基礎体力をつけるのか?

ミッションを誰よりも高いレベルで達成する

根性論になってしまいがちですが、とにかくミッションを誰よりも高いレベルで達成することに尽きます。

私は前職も営業でしたが、ただ売り上げをあげてないといけないではなく、どれだけ顧客価値が伴った売り上げか?も重視されていました。

そこで、私は売り上げと顧客価値の両方を最大化することを意識していました。

また、周りの同じレイヤーの社員よりも成果を残すために一ヶ月の過ごし方も変えました。

具体的には、細かく計画を立て振り返りの頻度を増やしました。

具体的には、普通の人は月に2回しか振り返りをしていませんでしたが、私は週に1回は必ずその週の成果と、プロセスにたいする振り返りを行なっていました。

成長・学習で最も大切なのは振り返りの頻度です。

細かく言えば、毎日振り返りをしPDCAを回す。それくらい濃密な毎日を過ごすことで、一生物の基礎体力がつくのです。

スポンサーリンク