【初心者必読】資産運用を始める上で注意するべき3つのこと

人生100年時代、長い老後に向けて大事なことは資産運用をすることです。

「老後2000万円問題」によって、老後資金の貯蓄はすべての人に必要であることが麻生財務大臣より明言されました。

しかし、資産運用のやり方は学校で教えてくれません。

大事な大事なお金の運用くらい、学校で教えて欲しいですね。

この記事では、資産運用をする上で注意するべき事項をまとめていきます。

•短期の結果に一喜一憂しない

•無理ない金額でコツコツ積み立てる

•情報を鵜呑みにしない

 

スポンサーリンク



短期の結果に一喜一憂しない

資産運用していると、短期的に大きな利益が上がったり、一時的に損失を被る事があります。

大切なことは、短期的な結果に一喜一憂しないことです。

もちろん大切な資金を運用しているのですから、一時的に利益が上がったら嬉しいですし損失を被ったら悲しくなります。

しかし、大事なことは「冷静さを見失わないこと」になります。

例として、長期的な運用で、年利10%を目指していたとします。

ある月に、絶好調で一月5%収益を上げられたとしましょう。

年利に直すと60%のプラスです。

このとき、

「ちょろいな、追加で投資しよう」

「成果も出たし、アグレッシブになってもいいかもな」

と思ってしまう方は少し危険かもしれません。

1ヶ月の結果は、「たかが1ヶ月の結果」です。

短期の結果は予測が難しく、その結果で追加投資をしたり反対に銘柄を切り替えたりといった判断をすることは得策ではありません。

きちんと分析したうえで判断するべきことを、短期的結果に振り回されてしまうと、正しい判断が難しくなってしまいます。

一時的な運用結果に振り回されず、冷静さを保つことを心がけましょう。

情報を鵜呑みにしない

世の中は資産運用にまつわる情報が散乱しています。

しかし、中には投資詐欺と呼ばれるような、誤った情報で投資初心者を騙そうというものがあるのも事実です。

自分の大切なお金を運用するのですから、しっかりとリサーチした上で自分の正しいと思える運用をするのがベストです。

目安として、長期の資産運用は年利10%を達成できれば御の字といえます。

「年利30%〜超えの運営成績❗❗」

といった謳い文句は、超ハイリスク投資の可能性が高いので、低リスク運用を目指している方は要注意です。

 

無理ない金額でコツコツ積み立てる

一刻も早く運用成績を上げたい…

そう思うがあまり、貯金の大半を運用する。

これは間違いです。

貯金のうち失っても構わない余裕資産を運用することが資産運用のセオリーです。

例えば貯金300万円のうち250万円を運用した際に、短期的な値動きで250万円が120万円まで下がってしまったとします。

全資産の85%近くを運用している際にこのような事が起きてしまった際に、正常な判断力を保つことは難しいです。

資産運用は長期的に少しずつ雪だるまを大きくしていくイメージです。

短期的な結果に振り回されないために、無理のない金額をコツコツ積み立てて資産運用することが大切です

まとめ

長期で資産運用をするにあたって、最も大切なことは「冷静さを保つこと」です。

この記事で紹介した3つを注意して、正しい方法で行えば資産をローリスクで育てる事ができます。

【GMOクリック証券100万円資産運用成績】1ヶ月ぶりにポジションを取り直しました

【初心者向け】少額からコツコツ資産運用のすすめ!~思い立ったが吉日~

このブログでは、資産運用の実際の運用方法や、運用成績も公開していますので、是非他の記事も参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク